RESTAURANT

飲食店の開業に必要な届け出とは【一覧にして、詳しく説明します】

飲食店の開業に必要な届け出の図

飲食店を開業する時の、届け出はどんなものがあるの?

 

  • 届け出を一覧で、教えてほしい!
  • 届け出の書き方を、教えて欲しい!
  • 届け出を出すタイミングは?

こういった疑問を解決します。

 

本記事のテーマ

飲食店を開業する時の、届け出を知りたい方へ。

本記事では、飲食店の開業に必要な届け出【5種類を図で、一覧にして説明します】

申込場所や、時期や条件を詳しく解説しています。

 

本記事の信頼性

飲食歴15年

取締役・新店開発部長として(焼肉・居酒屋・バル・カフェ)新店を複数店舗立上げ→若い経営者を応援したい想いから→飲食業コンサルタント

実践で使える知識が大好きです。





 

1.飲食店の開業に必要な届け出とは?

「食品営業許可」、「開廃業等届出書」、「青色申告承認申請書」、「防火管理者選任届」、「深夜における酒類提供飲食営業開始届出書」

 

おもに、上記5種類の届け出が、条件につき必須になります。

では一覧にして、時期や条件をみていきましょう。

 

1-1.飲食店の開業に必要な届け出【5種類を図で説明します】

届け出の種類 申込場所 時期 条件
食品営業許可 保健所 開業日の2週間前頃 必須
開廃業等届出書 税務署 開業から1か月以内 任意 ※出すべき
青色申告承認申請書 税務署 開業から2か月以内 任意 ※出すべき
防火管理者選任届 消防署 開業日の前日まで 収容人数が30名以上の場合
深夜における酒類提供飲食営業開始届出書 警察署 開業日の10日前まで 午前0時以降に、お酒の提供をする場合

 

2.食品営業許可とは?

食品衛生法(昭和22年法律第233号)(抄)

第51条〔営業施設の基準〕

1 都道府県は、飲食店営業その他公衆衛生に与える影響が著しい営業(中略)であつて、政令で定めるものの施設につき、条例で、業種別に、公衆衛生の見地から必要な基準を定めなければならない。

引用:厚生労働省

食品営業許可は、開業に必須な届け出です。

 

もし、未許可で、営業していた場合。

食品衛生法に反し、2年以下の懲役または、200万円以下の罰金が課せられます。

 

営業許可の取得までの流れ

営業許可の取得までの流れの図

 

2-1.食品衛生責任者の資格

まず前提として、食品衛生責任者の資格が必要です。

申請から、講習を受けるまで、1~2か月はかかるので、早めに受講しましょう。

 

食品衛生責任者の資格、講習の申し方などを、詳しく説明した記事は、最後にまとめています。

 

2-2.事前相談

出店エリアの保健所の窓口に、事前相談に行きましょう。

なぜなら、施設の基準が決められており、基準に合格しないと、営業許可がおりません。

必ず、工事着工前に、工事図面をもって、相談しましょう。

 

施設の基準を詳しく記載されたページはこちら。

施設基準(一般営業) | 食品営業はじめてナビ
施設基準(一般営業) | 食品営業はじめてナビ

新たに食品に関する営業を始める方のポータルサイト

続きを見る

なかなか細かいです。

相談時に、親切に教えてくれると思います。

 

提出書類も一式、貰いましょう。

 

また、開業予定日も相談しておきましょう。

検査後から、営業許可書が届くまで、時間がかかります。

前もって開業日を相談して、相談員に段取りをして貰いましょう。

 

2-3.営業許可申請(書類の提出)

工事完了の10日程前には、書類を提出しましょう。

 

必要なモノとは?

  • 「営業許可申請書」(PDFダウンロード)
  • 「営業設備の大要」と「配置図」(PDFダウンロード)の2種類
  • 許可申請手数料:エリアによって変わります。およそ2万円弱。
  • 登記事項証明書(法人の場合のみ)
  • 水質検査成績書(貯水槽使用水、井戸水使用の場合のみ)
  • 食品衛生責任者の資格を証明するもの(食品衛生責任者手帳)

 

書類の書き方は?

「営業許可申請書」、「営業設備の大要」、「配置図」の書き方、記入例はこちらのページです。

営業許可申請書などの書き方(一般営業) | 食品営業はじめてナビ
営業許可申請書などの書き方(一般営業) | 食品営業はじめてナビ

新たに食品に関する営業を始める方のポータルサイト

続きを見る

 

2-4.施設検査の打合せ

申込した日に、担当者の方と、施設の確認検査の日を相談しましょう。

水道や電気の検査もありますので、工事完了の引渡し日がおすすめです。

 

2-5.施設の確認検査

施設が基準に合致しているか、保健所の担当者が、検査します。

立ち合いは、営業者(従業員でもOK)が、立ち会いましょう。

 

また、基準に適合していない場合は、その場で改善箇所を求められます。

改善後、再検査を受ける必要があります。

 

引渡し日から、開業予定日までの日数は、ほとんど無いと思います。 おすすめは、工事責任者も同行してもらい、直ぐに改善工事してもらいましょう。
reiji

 

基準に合致がしていることが確認できれば、その場で、「営業許可書交付予定日のお知らせ」を交付して貰えます。

 

2-6.営業許可書の交付

交付予定日に、「営業許可書交付予定日のお知らせ」と、捺印を持って、保健所の窓口に行き、営業許可書を貰いましょう。

 

営業許可書の交付には、施設の検査合格から、数日の時間を要します。

営業許可書が届いてからはじめて、開業することができるので、開業予定日は、早めに窓口で相談しておきましょう。

 

2-7.営業開始

営業許可書が手元に届けば、ようやく営業開始ができます。

食品衛生責任者の名札(プレート)を、客席から見える位置(レジの後方)に、設置しましょう。

 

どうだったでしょうか?

施設の基準に、合致した工事でないと、後々、改善工事や、開業日の見直しなど、後手に回ることになります。

この基準を熟知している、施工会社に依頼することを、おすすめします。

 

3.開廃業等届出書とは?

新たに事業を開始したとき、事業用の事務所・事業所を新設、増設、移転、廃止したとき又は事業を廃止したときの手続です。

引用:国税庁

個人事業の開業を、税務署に申告する書類です。

 

実は、この開廃業等届出書、出さなくても罰則はありません。

事業所得に応じて、税務署から、通知が来ます。

税務署に、営業を隠すことは、不可能です。

 

ではなぜ、この開廃業等届出書は、存在するのか?

 

3-1.開廃業等届出書を提出する理由!

開廃業等届出書を提出すれば、次のテーマである、青色申告承認申請書を提出することが出来るからです。

この青色申告承認申請書とは、後で詳しく説明しますが、提出することで、年間最大65万円の所得控除(利益-65万円)が貰えます。

 

出さないと、所得税を丸々、支払うことになります。

65万円の控除は、経営者にとって、かなり大きな額になります。

 

開廃業等届出書は、青色申告承認申請書と一緒に、是非提出しましょう。

 

4.青色申告承認申請書とは?

個人事業主は、2~3月の確定申告で、「白色申告」または、「青色申告」をしなければなりません。

この青色申告承認申請書を開業日から、2か月以内に提出することで、はじめて「青色申告」をすることができます。

青色申告を受け取ってもらうための書類です。

 

4-1.白色申告と青色申告とは、どんなメリット・デメリットがあるの?【簡単に説明します。】

  • 白色申告は、わりと簡単な書類で、簡易的な「単式簿記」になります。

しかし、控除のメリットがまったく、ありません。

また、銀行からの借り入れも、白色申告では、不透明なことも多く、信用にかけることもあるようです。

 

  • 青色申告は、かなり複雑で、経理経験がないと、なかなか作れない書類です。

「複式簿記」と呼ばれ、・現金出納帳・預金出納帳・売掛帳・買掛帳・経費帳・固定資産台帳・仕訳帳・総勘定元帳が必要になります。

 

なんのこっちゃわからないと思います。

この申告があるからこそ、税理士が存在すると言ってもいいでしょう。

 

青色申告のメリットは?

・65万円の所得控除

・赤字を3年間の繰り越しができ、黒字が出たときに相殺することができる。(これもめちゃくちゃ大きなメリットです。)

等、色々あります。

 

でも、複式簿記ってめちゃくちゃ難しいでしょ
ところが、自分も使用している、「会計ソフトfreee」が、超簡単に自動で作成してくれます。
reiji

 

毎日の売上、経費を入力するだけで、自動で、複式簿記を作成してくれて、青色申告用紙を作ってくれます。

経営者にとっても、数値管理は大切な業務だと思いますが、帳簿をつけるのは、正直しんどいと思います。

同時に管理できるので、時間短縮も嬉しいですし、税理士を雇うより、めちゃくちゃ安く済みます。

 

開廃業等届出書、青色申告承認申請書も、質問に答えるだけで、簡単に作成してくれます。

 

飲食店の開業に最強の「会計ソフトfreee」を詳しく解説した記事はこちら。

関連記事
【個人経営者向き】飲食店の開業で最強の「会計ソフトfreee」を解説

飲食店の開業に経理はどうすればいいの?   開業に、税理士や会計士を雇ったほうがいいの? 経理をしたことがなくても、大丈夫なの? 会計ソフトfreeeは、よく聞くけど、どんなんなの? こうい ...

続きを見る

 

5.防火管理者選任届とは?

消防署の絵

収容人数が30名以上(従業員を含む)の場合、必要な書類です。

提出がなかった場合、管轄の消防署から、指導が入ります。

指導にも関わらず、改善が見られない場合、懲役と罰則が待っています。

 

まず前提として、防災管理者の資格が必要です。

講習を受けるだけで、資格が貰えますので、早めに講習を受講しましょう。

 

防災管理者の資格の講習の申し方などを、詳しく説明した記事は、最後にまとめています。

 

開業日前日までに、管轄の消防署に、防災管理講習修了証と、捺印を持って、窓口に行きましょう。

届け出は、窓口で簡単に記入できる書類です。

 

6.深夜における酒類提供飲食営業開始届出書とは?

barの絵

午前0時以降に、お酒の提供をする場合に、必要な書類です。

業態別では、バーや居酒屋が、該当します。

食事がメインの業態は、必要ありません。

 

開業日10日前までに、管轄の警察署に、「深夜における酒類提供飲食営業開始届出書」を提出しましょう。

 

簡単に言いましたが、この届け出は、実は、めちゃくちゃ難易度が高い書類です。

自力での作成は、かなり難しいと思います。

おすすめは、行政書士に依頼しましょう。

 

どうだったでしょうか?

届け出を提出するだけでも、かなり時間がとられると思います。

物件取得からのスケジュールは、かなりタイトですから、準備しておくといいでしょう。

 

最後に、「食品衛生責任者」と「防火管理者」の2つの資格を、詳しく解説した記事はこちら。

関連記事
飲食店開業に必要な資格とは【講習を受けるだけ、詳しく解説します】

飲食店の開業に資格は必要なの?   調理師免許をもっていないけど、開業できるの? 開業に必要な講習を、具体的に教えて! どのタイミングで講習を受けたらいいの? こういった疑問を解決します。 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

reiji

個人店コンサルタント【経歴】飲食歴15年▶取締役・新店開発部長▶焼肉・居酒屋・バル・カフェなど新店を複数店立上げ▶コンサルタントに転職▶AtoZコンサルタント2020年1月設立▶50店舗程サポートしています▶ 個人店様の(集客・求人・新規開業・運営)についての悩みや、問題の解決方法を記事にしていきます。

-RESTAURANT

Copyright© AtoZコンサルタント , 2021 All Rights Reserved.